オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
よくあるご質問FAQ
  • Qトイレの止水栓がクルクルと空回りして止まらなくなってしまいました。
    A

    トイレの水を止めるための止水栓がクルクル回って止まらなくなってしまうという不具合事例がたまにあります。
    原因は、止水栓の劣化です。止水栓の内部が経年劣化やサビなどでダメになってしまうケースです。
    年数が経過していない場合でも、井戸水の場合は数年で止水栓が壊れてしまう時もあります。
    トイレの止水栓が壊れてしまうと、万一の時に水を止めることが出来ません。また、壊れ方によっては便器やタンクへの給水量が少なくなってしまう場合もあります。
    給水量が少なくなるとタンクの手洗い部分からの水の量が少なくなるという症状が出る場合もあります。場合によってはタンクの手洗い部分から水が全然出てこなくなるということもあります。



    このような不具合症状が出た場合、特に水もれがあった場合は水道の元栓を止めて修理依頼をしてください。
    ※井戸水の場合は井戸ポンプのコンセントを抜いてください。



    水もれがない場合はトイレを使用することは可能な場合もありますが、早めに修理依頼をしてください。



    こちらがトイレの止水栓です。
    写真は壁付けタイプです。
    ※床付けタイプもあります。
    トイレの止水栓



    止水栓を回すための専用工具です。
    マイナスドライバーでも回すことが出来ます。
    止水栓を回すための専用工具



    専用工具を差し込んで回すことによって水の出を調したり開閉したりすることが出来ます。
    専用工具を差し込んで回すことによって水の出を調したり開閉



    壊れてしまった時は止水栓の部分だけ交換することが出来ます。
    壊れてしまった時は止水栓の部分だけ交換


    止水栓が壊れる時は止水栓が錆びついて動かなくなるケースが多いですが、止水栓が空回りする事例は少ないですが、時々あることです。
    止水栓が空回りして取り替えた施工例がありますのでご参考にご覧いただければ幸いです。




    TOTOトイレ止水栓の使用方法