オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • 木造住宅の上棟時から屋根下地完了までの木工事(大工工事)小山市TY様邸住宅新築工事施工例

    今回は木造住宅の上棟完了時から野地板張りまでの木工事(大工工事)に関する記事です。


    栃木県小山市で自由設計の注文建築・リフォーム・外構・エクステリアの設計施工を手がけるオリーブホーム株式会社の小野寺秀行です。
    いつもブログをご覧頂きありがとうございます!


    今回の記事は木造軸組工法の2階建て住宅の上棟完了時(棟上げ完了時)から屋根下地までに関する木工事(大工工事)の記事です。
    小山市・小山市周辺にお住まいの方はもちろん、これから木造住宅の新築工事・屋根のリフォーム・増築・改築をお考えの方に有益な情報としてお伝えすることが出来れば幸いです。



    上棟時(棟上げ)
    上棟時(棟上げ)



    垂木を留めます。
    今回の小山市TY様邸の垂木は米栂(べいつが)の乾燥材を使用しました。
    寸法は45mm×55mm ピッチは303mm
    一般的な垂木のピッチは455mm間隔ですが303mm間隔で細かく取り付けました。
    垂木を留めるビスは軒桁部は東日本パワーファスニング株式会社の「タルキックⅡ」です。ビスの長さは120mmです。
    その他の中間部である母屋の部分はMAX(マックス)のN75釘で留めました。斜め2本打ち
    小山市TY様邸の垂木は米栂

    小山市TY様邸の垂木は米栂

    小山市TY様邸の垂木は米栂



    野地板は杉(スギ)の無垢材を使用しました。
    寸法は1820mm×195mm×12mm
    ※厚みは12mm(4分板)です。
    野地板は無垢板なので合板に比べて耐久性が高いです。
    釘はMAX(マックス)の50mm鉄普通釘を使用しました。
    釘は野地板の表面より少し埋まるぐらいに空気圧を調整して留めています。
    野地板は杉(スギ)の無垢材を使用

    野地板は杉(スギ)の無垢材を使用



    木工事 屋根下地(上棟時から野地板)小山市TY様邸住宅新築工事




    東日本パワーファスニング株式会社「タルキックⅡ」




    MAX(マックス)フラットコイルネイルFC75W4(N75)




    MAX(マックス)コイルネイルNC50V1ミニバコ






    屋根リフォーム徹底解説!

     屋根リフォームとは?
     屋根の種類の変更も出来るの?
     屋根リフォーム工事の流れ
     瓦屋根の施工
     屋根リフォーム施工例動画
     屋根リフォーム徹底解説のページでは屋根リフォーム工事の施工例をもとに解体工事・屋根下地(野地板・アスファルトルーフィングなどの下葺き材)・瓦桟・屋根葺き工事などの工事の流れが分かる特設サイトとなっておりますのでこれから屋根の葺き替えなどの屋根リフォームをご検討の方にとってご参考なれば幸いです。

    「屋根リフォーム徹底解説!」のページはこちらからご覧頂けます!






    2017.01.19
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォーム・外構・エクステリアを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,400件以上の設計・施工実績。
    趣味は釣り・登山です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る