オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • ソニーブルーレイディスクDVDレコーダーの開封から使用開始までの流れ

    今回はソニー(SONY)のブルーレイディスクDVDレコーダーの開封から使用開始までの流れについてのブログ記事です。
    オリーブホーム株式会社では基本的にブルーレイディスクDVDレコーダー・テレビ・洗濯機などの家電の販売を行なっておりませんが、お客様が購入された機器等を弊社スタッフがセッティング等をする機会が結構あります。今回はソニーのブルーレイディスクDVDレコーダーのセッディングをする機会がありましたので記事として投稿いたしますのでご参考になれば幸いです。








    ソニーのブルーレイディスクDVDレコーダーの設定の流れ

    今回、取り付けしたソニーのブルーレイディスクレコーダーはBDZ-ZW1500です。


    開封前の本体の写真です。
    開封前の本体の写真



    説明書に従って設定します。
    説明書に従って設定



    本体の裏面の写真です。
    本体の裏面の写真



    本体付属のB-CASカード
    本体付属のB-CASカード



    配線接続してテレビ台にセットしました。
    配線接続してテレビ台にセット



    リモコン
    リモコン



    初期設定
    初期設定



    ソニー(SONY)ブルーレイディスクDVDレコーダーの開封から使用開始までの流れ
    セッティングと初期設定の様子を収録



    配線と初期設定は合っているのにテレビが観れない

    弊社では前述の通り、基本的に家電の販売をしておりませんが設定をお手伝いする機会は結構あります。
    TV・レコーダーの配線接続と初期設定はきちんと説明書通りに行っているのに番組を観れないことがあります。
    DVDは見れるのにテレビが観れないという状態になることがあります。
    その場合の多くは放送受信設定のアンテナレベルに原因があることが多いです。
    屋根の上のアンテナ・ケーブルテレビ・光回線共に共通することですがケーブル自体が古いものだとアンテナ受信レベルが下がってしまうためテレビやレコーダーへの入力が弱いのです。
    ケーブル自体が断線してなくても受信レベルが低いと従来のアナログの場合は映りが悪いだけで見れましたが地上デジタルの場合は映りません。
    その他、分配器の部分で受信レベルが一気に低くなることもあります。
    今回の記事はご参考までにUPさせて頂きました。少しでも有益な情報としてお役に立てれば幸いです。

    2018.01.10
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォーム・外構・エクステリアを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,400件以上の設計・施工実績。
    趣味は釣り・登山です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る