オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • ドアクローザーの取り替え方法・ドアが閉まるスピードの調整方法

    今回は玄関ドアのドアクローザーの取り替え方法についての記事です。
    玄関ドアなどアルミ製や鋼製ドアの多くはドアクローザーが付いています。
    ドアの上の方に付いてる部材です。
    このドアクローザーはドアが閉まるスピードを調整したりドアが開く角度を調整したりすることが出来ます。
    また、ドアクローザーが壊れているとドアが勢いよく閉まってしまうので危険な状態にもなります。
    ドアクローザーの中にはオイルが入っています。ある程度の年数が経過するとオイルが抜けてしまうので交換が必要となります。
    使用状態にもよりますが一般住宅の場合20年前後が目安だと思います。
    使用頻度・環境によっては10年も持たないこともあります。








    ドアクローザーの取り替え自体は簡単です。
    しかし、ドアクローザーが壊れてくる頃にはドアクローザーを留めているビス穴がダメになっている可能性も高いです。
    ビス穴が正常な状態であればドライバーだけで交換も可能です。
    どちらかというと作業よりも適合するドアクローザーを探すことの方が難しい場合もあります。
    ごく稀に、ドアクローザーを取り替えるためにはほとんどのビス穴を開け直す必要がある場合もあるからです。
    弊社で施工した施工例がありますのでご参考になれば幸いです。



    リョービ 取替用ドアクローザー施工例




    リョービ 取替用ドアクローザー施工例




    リョービ 取替用ドアクローザー施工例




    勝手口ドアのドアクローザーの閉まるスピードの調整

    2019.03.05
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォーム・外構・エクステリアを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,400件以上の設計・施工実績。
    趣味は釣り・登山です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る