オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • 物置のアンカーの施工について(重量ブロックで簡単に施工する方法)

    イナバ物置・ヨド物置・ダイマツ物置など軽量な物置は強風で倒れてしまう可能性があります。
    物置の中にある程度の重量のあるものがバランスよく入っていれば大丈夫だと思いますが・・・。
    物置の種類によっては床の部分がないものも多くあります。
    例えば物置の半分は自転車駐輪スペース的なものになっている場合などです。

    軽量な物置は数十年前からありますが以前はアンカーを施工しないでブロックの上に置いただけの物置も多くありました。
    しかし、最近は台風をはじめ強風で飛ばされる可能性があるためアンカー施工は必須です。
    物置の大きさにもよりますが最低でも4箇所必要です。
    アンカーは物置が飛ばされないようにするための重りのようなものです。
    地面の中にコンクリート打ったり、モルタルを流し込んだりして施工します。
    最近の住宅地の多くは土とガラなどが混じった土が多くあるためアンカーを設置する際に穴を掘るのも非常に大変です。
    また、コンクリートも結構使います。
    簡単な施工方法として重量ブロックを埋め込むという方法があります。
    この方法ならコンクリートの量は少なくて済みます。
    DIYで物置をご自身で組み立てる方にもおすすめの方法です。
    動画がありますので参考になれば幸いです。









    ダイマツ物置の組立方法

    2019.06.19
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る