オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • お湯が出ない・・・。石油給湯器の減圧弁が閉じたままになってしまう不具合について

    今回は石油給湯器を使用していてお湯が出なくなってしまう不具合についての記事です。

    お湯が出ない原因とは・・・

    フィルター目詰まりによる給水されない状態
    給湯器自体の水漏れ(銅管のピンホール・その他)
    給湯器まわりの配管不具合(継手・バルブ等)
    凍結
    石油漏れによる動作停止状態(エラー表示あり)

    上記の場合は現場状況を点検するとすぐに分かるケースです。

    その他のケースとして「減圧弁」に原因がある場合があります。
    これは経年劣化等により減圧弁が閉じたままの状態になることです。
    一時的な方法で閉じてしまった弁を工具で開けることによって修理することが出来ますが早めの交換をおすすめします。


    減圧弁
    減圧弁

    減圧弁










    2019.07.06
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る