オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • 「瓦の漆喰(しっくい)が落ちてるところがあります。大丈夫ですか?」というご質問について

    「瓦の漆喰(しっくい)が落ちてるところがあります。大丈夫ですか?」というご質問・ご相談をお受けすることがあります。

    結論から言うと大変申し上げづらいのですが・・・
    ダメです。大丈夫ではありません・・・。

    漆喰は瓦を積み上げる時に使用する粘土等を保護するために塗ってあります。
    ※ちなみに最近は粘土に似ている南蛮漆喰などを使用しています。

    そのため、漆喰が剥がれてしまうと瓦の下の粘土が落ちてしまうため瓦自体も落ちてしまいます。
    また、漆喰の一部が剥がれている場合、その他の箇所も当然剥がれてしまう可能性が高いと言うことになります。


    建坪35坪〜40坪ぐらいの寄棟屋根の住宅の場合、漆喰塗り替えは20万円前後かかります。
    1F下屋の形状によっては30万円ぐらいかかります。
    金額は瓦の棟(大棟・隅棟)の部分の形状・外壁との取り合い部分の納め方などの現場状況にもよります。
    いずれにせよ金額としては大きいので簡単にお財布から出せる金額ではないと思います。
    しかし、瓦が落ちてたりずれたりしてしまうと瓦の積み替え工事も必要になってきます。
    そのため、なるべく早めに施工することをおすすめいたします。

    漆喰の塗り替えの目安は新築後20年後ぐらいです。
    もったとしても30年ぐらいと思って頂ければと思います。
    瓦は非常に良い屋根材ですが漆喰の部分に関してはメンテナンスが必要です。











    2019.07.10
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る