オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • 和室の目透かし天井からクロス貼りにリフォームした施工例(小山市OK様邸)

    和室の天井といえば「目透かし天井」
    杉の突き板やラミネートなどを使用した天井材が一般的です。
    年数が経過すると天井材自体の汚れが落ちなくなります。
    実は工事中の手垢が数年後に浮き出てくるのです。
    この汚れは落ちません。
    特に良い天井材・高級な天井材ほど落とすのが厳しかったりします・・・。
    そのため、最近は素手で触っても数年後に汚れが浮き出てこない「ラミネート天井板」を使用するのが一般的です。
    金額がローコストということもあります。
    本物の木ではなく木目調のシートが貼ってある天井板です。
    通称「ラミ天」とも呼ばれています。









    先日、小山市OK様邸の和室の天井を目透かし天井からクロス貼りにリフォームさせて頂きました。
    和室の天井のリフォームをお考えの方にとって少しでも有益な情報となれば幸いです。
    和室の天井をクロス貼りにリフォームした施工例


    2019.10.21
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る