オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • 真壁和室から大壁洋室への内装リフォーム施工例

    今回は塗壁仕上げの和室からクロス貼りの洋室への内装リフォーム施工例の写真と動画をUPします。
    小山市IH様邸住宅リフォーム施工例です。
    IH様、いつも工事依頼ありがとうございます!

    今回の内装リフォームは既存の壁を解体せずに石膏ボードを張ってクロス貼りにする施工方法です。
    天井は目透かし天井だったので解体してから新たに野縁を組み直して石膏ボードを張ってからクロス貼りにしました。
    これから和室から洋室へのリフォーム工事をご検討中の方にとって少しでも有益な情報としてお伝えすることが出来れば幸いです。









    和室の壁を壊さずにクロス貼りにする施工方法と天井張り替え

    和室を洋室にリフォームする時は基本的に既存の壁は解体します。
    しかし、和室の反対の壁も塗壁(ぬりかべ・しっくい・京壁・砂壁等)になっている場合はひび割れしてしまう可能性も高いため、解体しない方が良い場合があります。
    今回のリフォームはまさのその典型的な例でした。



    こちらが既存の壁の写真です。
    既存の壁の写真



    こちらが既存の天井の写真です。
    目透かし天井張りです。目透かし天井は天井材を張るというよりも吊り下げているような工法です。
    そのため下地である野縁の本数は最低限しかないのが一般的です。
    よって、既存の野縁が少ないの石膏ボードを張ってクロス仕上げにする場合は野縁を足すか組み直す必要があります。
    既存の天井の写真



    今回の場合は納まりの都合上、全て解体しました。
    今回の場合は納まりの都合上、全て解体しました



    天井野縁
    天井野縁



    既存の塗壁の上に胴縁(どうぶち)を取り付けます。
    既存の塗壁の上に胴縁(どうぶち)を取り付けます。



    石膏ボード張り
    石膏ボードの厚みは12.5ミリです。
    石膏ボード張り



    クロスのパテ処理
    クロスのパテ処理



    クロスを貼ってリフォーム完成です。
    クロスを貼ってリフォーム完成です。



    小山市IH様邸内装リフォーム

    2017.11.18
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォーム・外構・エクステリアを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,400件以上の設計・施工実績。
    趣味は釣り・登山です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る