オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • オイルタンク(石油タンク)の交換時期について

    今回は石油給湯器などに使用するオイルタンク(石油タンク)の交換時期についての記事です。
    例えば、新築時に石油給湯器を取り付けた場合、新築して約15年後に石油給湯器が壊れて新しくするとします。
    その時、オイルタンクも新しくしますか?
    今回は石油給湯器とオイルタンクの交換時期についての記事です。
    これから石油給湯器の取替・オイルタンクの取替をご検討中の方にとって少しでも有益な情報としてお伝えすることが出来れば幸いです。









    例えば、新築から15年後に石油給湯器が壊れて新しくする場合、オイルタンクも新しくしますか?

    石油給湯器はいつかは壊れます。早い場合は5年後ぐらいの時もあります。たまに15年ぐらい使っても壊れないものもあります。
    もし、あなたの家の石油給湯器が壊れた時、オイルタンクも交換しますか?



    オイルタンクの交換は石油給湯器と同時に交換するのがベストのタイミングです!



    私はお客様に石油給湯器を交換する時はオイルタンクも交換することをおすすめしています。
    しかし、ほとんどのお客様はオイルタンクの交換を拒みます。
    その気持ちすごく分かります。
    自分がお客様だったとしたら交換したくありません。
    私は押し売りしたくないので一度だけお客様に交換をおすすめする理由を説明してお客様がオイルタンクの交換を望んでいないのが分かれば無理にそれ以上は勧めません。




    オイルタンクの交換が必要な理由 石油タンク内部のサビが石油給湯器の故障の原因になる場合があります。

    オイルタンクは一生物ではありません。
    オイルタンクの内部は錆びないように思われていますが内部は結露や石油に含まれる水分等の影響で錆びます。
    さらにオイルタンク内のサビが石油給湯器の内部に入ると石油給湯器の燃焼部分等に悪影響を与えます。
    そのため、石油給湯器と同じタイミングで交換をおすすめしています。
    一般的には石油給湯器は2回〜3回程度の部品取替や修理をしながら最終的に10年から15年ぐらい使用することが出来ますが、時々、5年から7年ぐらいで壊れることがあります。
    そのような時はオイルタンクの交換は必要ないと私の場合は判断いたします。




    オイルタンク(石油タンク)の写真です。
    「外部は錆びてるけど中身は錆びていない」ということは無いです!
    まれにオイルタンクの上に屋根がある場合があります。
    そのような場合、15年以上経過していてもタンクの外装が綺麗な場合があります。
    しかし、タンクの内部は先述の通り結露や石油(灯油)に含まれる水分等の影響で錆びてしまいます。
    オイルタンク本体は90Lタイプで実勢価格は1万5千円から2万円ぐらいです。
    オイルタンクの錆が原因で石油給湯器が壊れると3万円以上の出費は最低でもかかると思われます。
    石油給湯器にサビが入ると取り除くのが困難です。
    少しでも石油給湯器を長持ちさせるためにも石油給湯器と同じタイミングでオイルタンクも交換されることをおすすめいたします。
    石油給湯器の写真



    オイルタンクの取替リフォーム施工例

    2018.02.19
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォーム・外構・エクステリアを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,400件以上の設計・施工実績。
    趣味は釣り・登山です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る