オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • 自分でトイレの便器交換をされる方は必見!排水芯って?配管立ち上げって?

    今回はお客様自身が便器交換をされる場合の注意点についての記事です。
    ウォシュレット交換をお客様自身で施工したという話はよく聞きますが便器交換はあまり聞きません。
    しかし、実際に施工している方もいらっしゃいます。
    ほとんどのお客様はリフォーム会社や新築した会社に便器交換を依頼されると思いますが、最近はホームページなどで施工方法を調べることはいくらでも可能なので交換も出来るかと思います。現場状況によっては何も難しいことなく出来ることもあるのですが、配管位置や配管の立ち上げ状況によっては非常に難しいことになる場合があります。

    今回はマニアックすぎてほとんどの方にはあまり参考にならないかと思いますが一部の方にとっては参考になるかと思いますのであえて記事として書かせて頂きます。
    そして、今回の場合は便器の組立自体は難しいものではありませんので省略させて頂きます。
    意外と重要なのは組立以外の部分にあります。
    これからご自分で便器交換される方を含めトイレリフォームをお考えの方にとって少しでも有益な情報としてお伝えすることが出来れば幸いです。








    便器の取付は簡単なの?

    先述の通り、便器の取付自体は施工説明書・ホームページ等でいくらでも調べることが出来ますので可能だと思います。
    便器以外のことにも言えるのですが難しいのは既存便器の取り外しです。
    古い便器ほど床面等に固着して取り外しが困難な場合があります。
    これは蛇口・換気扇・ウォシュレットなど他の工事にも該当することでもあります。




    他に難しいことはあるの?

    便器の選択はお好みに応じて選択されると良いと思います。
    しかし、新築の場合はどうにでもなるのですが、リフォームの場合は既存の便器の種類や配管状況(水・排水の位置等)に応じて便器を選択する必要があります。
    例えば同じ便器でも下記のように選択肢があります。


    排水方法・・・床排水、壁排水
    排水位置・・・排水芯200、排水芯200以外
    給水・・・露出、隠蔽
    などです。

    ※実際には上記以外にも細かい設定があります。




    排水芯って何?リモデル便器って?

    排水芯は便器を取り付ける壁から排水の塩ビ管の芯までの距離のことです。
    具体的にはタンクの裏側の壁の表面から排水の塩ビ管の芯までの距離です。
    ここ24年ぐらいの便器は排水芯は200mmで作られています。
    ※TOTO・LIXIL(リクシル)などの場合は1995年(平成7年)以降のモデルの多くは排水芯200mmです。
    約24年以上前は各社それぞれ便器の種類ごとに排水芯はバラバラでした。
    そのため、20年以上前の便器を最新の便器に交換するためには排水の塩ビ管の位置を新しい便器に合わせて変更する工事が必要となります。
    しかし、排水の工事をするためには床下に入って作業をする必要があります。
    リフォームの現場状況によっては基礎やその他の原因によって床下に入れない場合もあります。
    また、工事期間の短縮や工事費を抑えるために一般的にはリフォーム対応の便器を使用します。
    リフォーム対応の便器は排水アジャスターが付いているので床を壊さないで床上で排水の位置を可変することが出来ます。
    TOTOの場合はリモデル便器。リクシルの場合はリトイレなどの名称で販売されています。
    通常の便器よりも実勢価格で1万円前後高くなりますが工事期間と工事費を考えると結果的には得になるかと思います。



    リモデル便器の排水アジャスターの写真です。
    IMG_0988



    リモデル便器以外の場合はこのようになっています。
    IMG_6462



    TOTOリモデル便器(排水芯可変アジャスター付きの便器)の施工例






    排水の塩ビ管の立ち上げについて

    既存の便器を取り外すと排水の塩ビ管の立ち上げがある場合と無い場合があります。
    年式や便器の種類によって異なりますが、配管の立ち上げが無い場合、最新の排水芯200の便器を取り付ける場合は塩ビ管を立ち上げる必要があります。
    ※リモデル便器の場合は必要ありません。(注・・・例外あり)


    そのため、簡単な方法としてTOTOでは60mm立ち上げ用アダプターというのを販売しています。
    品番はTOTOのHH01001Rです。
    TOTOのHH01001R

    TOTOのHH01001R



    このように取り付けます。
    TOTOのHH01001R



    TOTOの60mm立ち上げ用アダプターを使用している施工例です。
    栃木市NH様邸TOTOトイレリフォーム施工例

    2018.02.23
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォーム・外構・エクステリアを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,400件以上の設計・施工実績。
    趣味は釣り・登山です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る