オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • エアコンの取り付けについて(新品・既存の付け替え等)

    今回はエアコンについての記事です。
    弊社では新品のエアコンの取り付け・既存のエアコンの付け替え(一時取り外し・取り付ける部屋の変更等)も施工しています。
    ほとんどの場合は何も問題なく施工出来ます。
    しかし、数十台に1台ぐらい取り付け後に動作不良が起こることがあります。
    具体的には「エアコンが冷えない」「暖かくならない」というケースです。
    新品での不良品は実際にごく稀にあります。弊社でご購入の場合は取り替えやメーカーのメンテナンスを手配してきちんと使用できる状態にいたします。
    しかし、最近はインターネットで激安品をご購入されるお客様もいらっしゃいます。激安品だからといって製品に問題があると思いませんが、弊社では粗悪品のエアコンのお取り付けをしたことがあります。具体的には室内機から出ている銅管の変形です。エアコンの場合、大きさ・重量もあるので返品するのも大変です。その時はお客様自身がお取り替えの手配をして大変だったようですが無事に交換出来ました。









    エアコンの付け替え・取り付ける部屋の変更等について

    アパートからの引越に伴うエアコンの移設・リフォームの際の一時取り外しなどで、エアコンを一旦取り外して新たに取り付ける場合もエアコンの動作不良が起こる可能性があります。
    新品購入時から5年以内ぐらいの新しいエアコンの場合はほとんど大丈夫ですが、10年以上経過していると動作不良が起こるリスクは高くなります。また、エアコンメーカーに部品がないと修理することも出来ません。
    購入してから10年ぐらいだと「まだまだ使える!」「買ったばかりなのに・・・。」と思われると思います。私自身も自分の家だったらそう思います。
    弊社は内装リフォーム工事や外壁張り替えリフォーム工事などの際にエアコンの一時取り外しを多く施工します。その度に今回のエアコンは上手く動くかな〜?と心配になってしまいます。実際に取りつけし直してから動作不良が起こるのはまずいので動かない可能性が高い時はあらかじめお客様にご説明してから取り外します。
    リフォームの仕事は、多くのリスクを伴います。エアコンの他、蛇口なども一旦取り外すと使用出来ないケースがあります。私自身、20年以上この仕事に携わっています。リスクや危険予知を考えながらの施工を心がけていますが想定外のことも起こりますので現場ごとに最善の方法を考えながら施工していきたいと思います。

    2019.01.17
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る