オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • ウォシュレットが壊れた場合(不具合)の対処方法

    今回はウォシュレットが壊れた場合の対処方法についての記事です。
    ウォシュレットはTOTOの商品名ですがLIXILなどの他のメーカーでも同じ方法です。







    ウォシュレットの不具合で多い事例として下記のようなことがあります。


    ウォシュレット本体からの水漏れ
    ノズルが出てこない
    お湯にならない


    ウォシュレットの水もれは一見するとウォシュレットからの水漏れに見えません。
    便器かタンクの水漏れのようにも見えます。
    それは水が漏れている位置が便器の根元部分に水がたまるからです。
    このような不具合の場合、私たちリフォーム会社や設備工事店などでは修理を行うことが出来ませんのでTOTO製の場合はTOTOメンテナンスに修理を依頼することになります。
    一度、修理をした経験のあるお客様はお客様自身でTOTOメンテナンスに修理を依頼される方もいると思います。
    数年使用したウォシュレットの場合はそのような方法で良いかと思います。
    しかし、水漏れの原因がウォシュレットでない場合もあります。例えば、少ない事例ですが便器とタンクのジョイント部分などです。
    この場合はリフォーム会社や設備工事店で修理可能です。
    もちろん、TOTOメンテナンスでも修理可能です。
    そこで問題になってくるのはどっちに頼んだ方が良いのか?ということです。
    例えば、月曜日の朝に修理依頼をした場合、TOTOメンテナンスなら当日または次の日には修理対応可能です。※混雑等の状況によります。
    しかし、リフォーム会社や設備工事店の場合、交換部品を持っていれば即日対応も可能だと思いますが、一般的な汎用部品でない限り自社で交換部品を常備している可能性は低いです。
    そして、修理代金の問題もあります。一般的にメーカーさんに修理を依頼すると修理代が高いと思われる方も多いと思います。
    しかし、逆に非常に安い工賃で直してくれることもあります。
    そのため、私がお客様にオススメしている方法は下記のような順序となります。

    お客様は取り付けをした会社に連絡する。またはリフォーム会社等に相談する。

    担当者が現場状況を確認する。

    不具合状況によって自社修理かメーカー修理かを判断して手配


    弊社の場合、不具合箇所を私が現場確認をした上で判断します。
    判断基準は修理のスピードと修理代金です。
    修理が早くても高くてはダメです。
    逆にトイレなどの水まわりの場合、緊急を要するので安くても修理するのが数日後ではダメです。
    また、メーカーに修理を手配する場合でも業者を通した方が話がスムーズな場合も多いです。
    不具合があった場合は取り付け業者またはリフォーム会社等に相談されることをオススメいたします。




    2019.01.25
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォーム・外構・エクステリアを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,400件以上の設計・施工実績。
    趣味は釣り・登山です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る