オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • プロペラ換気扇の寸法の測り方について(間違いやすい点)

    今回はプロペラタイプの換気扇の測り方についての記事です。
    プロペラタイプの換気扇は簡単に交換出来るので一般ユーザーの方でも取り替えた経験のある方もいらっしゃると思います。
    そこで間違いやすいところがあります。
    寸法の測り方です。
    厳密には測り方というよりも勘違いと言った方が良いかもしれません。








    こちらがプロペラタイプの換気扇です。
    プロペラタイプの換気扇



    寸法は木枠の内側の寸法を測ります。
    換気扇本体の寸法は壁や天井などにギリギリ取り付ける時以外はあまり気にしなくても大丈夫です。
    写真だと見づらいかもしれませんが約30センチです。
    換気扇自体の寸法は29センチぐらいで出来ています。
    私たち施工会社は木枠を作る時には少し大きめにして作ります。
    そのため、木枠の内側の寸法は30センチだったり30.5センチだったり、その現場によって多少異なります。
    木枠の内側の寸法

    木枠の内側の寸法



    ここで間違いやすいのが木枠の内側が30センチなので30センチの換気扇を買ってしまうということです。
    木枠の内側が30センチの場合は換気扇は25センチタイプなのです。
    製造メーカーさんはプロペラの羽根の呼び径(羽根のだいたいの寸法)で表示しています。
    こちらは三菱の換気扇です。25センチと表示されています。
    私も仕入れ先に発注する時はかなり気をつけています。
    三菱の換気扇




    2019.02.04
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る