オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • トイレのクッションフロアの下地板の張り替えをする場合の工事期間について

    今回はトイレリフォームなどで使用することの多い床材のクッションフロアについての記事です。
    クッションフロアは厚みが約1.8ミリの素材です。
    クッションフロア自体に荷重を支えるための強度はありません。
    よって構造用合板(ラワン合板等)などの上に貼ります。
    構造用合板は一般的に厚み12ミリ以上のものを使用します。
    ※注・・・構造用合板は厳密には違うのですが「ベニヤ板」「コンパネ」などと呼ばれている合板のことです。


    クッションフロアの床がふわふわしたり、部分的にきしんでいたりする場合は構造用合板の張り替えが必要です。








    トイレのクッションフロアの下地板の張り替えをする場合の工事期間について

    クッションフロアの下地板である構造用合板の取り替え工事の作業時間は実質1時間〜2時間程度かかります。
    構造用合板の多くはビス(または釘)と接着剤で根太に張ってあります。
    また、施工手順として床を張ってから壁を張るため合板の端部が壁の下にあるため合板の端部を取り外すのに手間がかかります。
    際切り丸ノコという便利な道具もありますが丸ノコは室内の隅角部はカット出来ないため手作業で取り外すため意外と時間がかかってしまいます。



    横桟のような木材は根太(ねだ)です。
    根太



    構造用合板(ラワン構造用合板)の12mmを張った状態の写真です。
    構造用合板



    クッションフロアと壁のクロスを貼った状態の写真です。
    クッションフロア



    こちらは構造用合板を張り替えずに施工したリフォーム例です。※工事期間・・・1日
    トイレリフォーム工事施工例
    古河市SK様邸




    こちらは構造用合板の張り替えをしたリフォーム例です。※工事期間・・・2日
    トイレリフォーム工事施工例
    小山市HY様邸




    トイレが1箇所しかない場合は「仮設トイレの設置」で対応したり、「ビジネスホテルや親戚の家に泊まりに行く」などを検討する必要があります。
    ご不便になってしまいますが構造用合板を取り替えれば20年ぐらいは長持ちするので安心だと思います。

    2019.02.05
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る