オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • 便器・ウォシュレットの交換をする時に止水栓も取り替えた方がいいですか?というご質問について

    今回は「便器・ウォシュレットの交換をする時に止水栓も取り替えた方がいいですか?」というご質問について回答です。
    ウォシュレットの交換の場合、分岐金具はウォシュレットに同梱されていますが止水栓は別売りとなっています。
    便器・タンクのセットの場合は同梱されている場合と同梱されていない場合があります。
    また、同梱されていても現場状況によっては同梱されている止水栓は使えない(使いづらい)場合もあるので現場対応で別の止水栓を取り付けることもあります。



    ご質問についての回答ですが止水栓が同梱されている場合は基本的に交換します。
    しかし、現場状況によっては止水栓を交換する場合、止水栓の他の配管工事も関連してくることがあります。
    具体的には壁の中や床下の配管も取り替える必要があります。
    そのため、現場状況によっては止水栓を交換するために不必要な工事を行う必要が出てきます。
    不必要な工事はもちろん無駄にお金もかかってしまうので行うべきではないと思っています。



    便器の交換・ウォシュレットの交換の際によくあるのが止水栓が固着してしまって回らないことです。
    その場合は交換が必要となります。
    ちなみに止水栓の部品代はメーカー定価で¥2,500〜¥3,000ぐらいです。










    こちらの写真は壁給水の止水栓です。
    壁給水の止水栓



    マイナスドライバーや専用工具で開閉を行います。一部きちんと出来ない器具もありますがコインでも可能です。
    マイナスドライバーや専用工具で開閉



    TOTOの便器・タンクには付属の工具が付いている場合もあります。
    TOTOの便器・タンクには付属の工具



    このように溝に差し込んで回します。
    溝に差し込んで回します



    YouTubeで使用方法を収録していますのでご参考になれば幸いです。
    TOTOトイレ止水栓の使用方法




    TOTO止水栓フィルターのお掃除方法

    2019.03.23
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る