オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • 畳がふわふわする。畳の下がシロアリ被害だったケース

    「畳がふわふわするから見て欲しい」というご依頼が年に数件あります。
    多くは下記のようなケースです。

    畳自体が劣化している(畳の芯の部分が傷んでいる)
    畳の下の荒床(あらゆか)の劣化
    根太(ねだ)の劣化
    シロアリ被害

    藁床(わらどこ)の畳の場合、畳自体がシロアリ被害になるケースもあります。
    畳の下の荒床はシロアリ被害に遭いやすい箇所です。
    昔は年に1回ぐらいは畳をあげて干したりしていたと思いますが現在はそういった光景はなかなか見ません。
    最近の家はシロアリ被害に遭いにくい構造・工法ですがちょっとした異変に気づいたら早めに点検を依頼されると良いと思います。








    畳下地の荒床の部分張替リフォーム施工例 小山市KS様邸

    2019.08.08
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る