オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • 下水が無い地域での汚水雑排水の処理方法(合併処理浄化槽とバイオクリーン)

    下水が無い地域での汚水雑排水の処理方法として合併処理浄化槽とバイオクリーンを使用する方法があります。
    下水管が通ってない地域の場合、必然的に(一般的に)合併処理浄化槽を使用することになりますが、放流先もないこともあります。
    合併処理浄化槽できれいにした水は河川・堀・側溝等に放流するのが一般的ですが、何も無い場合も多々あります。
    その場合は宅地内で処理することになります。
    具体的には浸透層・浸み込みと呼ばれている方法です。
    簡単に言ってしまうと穴を掘って水を徐々に浸みこませる方法です。
    この方法にも多くの施工方法があるのですが、弊社でおすすめしているのはバイオクリーンというシステムです。
    浄化槽のすぐ隣にドラム缶ぐらいの大きさのものを埋め込む方法です。
    この中にバイオクリーン剤(おがくずのようなもの)を入れて汚水雑排水を浸み込ませる方法です。
    この方法の場合はおおよそですが工事費が40万円〜50万円程度で施工可能です。※合併処理浄化槽の費用は除く









    合併処理浄化槽とバイオクリーンの施工例



    2020.01.16
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る