オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
リフォーム徹底解説シリーズ。リフォームの不安・疑問を解決!外壁張替リフォーム徹底解説!
 
外壁張替リフォームとは

外壁張替リフォームは既存の外壁材を新しいものに張り替えたり、既存の外壁材と異なる種類の外壁材に張り替えることです。 また、外壁材だけなく外壁の下地材である防水透湿シートや胴縁などの外壁下地を取り替えることも含まれます。 外壁材は窯業系サイディング・金属系サイディング・ALC(へーベル等)・モルタル・ジョリパット仕上げなど多くの建築材料と素材があります。

 
外壁材の種類の変更も出来るの?
●うちの外壁でも出来るのかな~?

さまざまな外壁材の種類に対応可能です。

金属系サイディングから窯業系サイディングへの外壁張替リフォーム
【小山市SM様邸】
金属系サイディングから窯業系サイディングへの外壁張替リフォーム
金属系サイディングから断熱材入りの金属系サイディングへの外壁張替リフォーム
【野木町NY様邸】
金属系サイディングから断熱材入りの金属系サイディングへの
外壁張替リフォーム
 
外壁張替リフォーム工事の流れ

外壁張替リフォーム工事は現場状況等にもよりますが下記のような工事が必要となります。足場・解体工事・外壁下地工事(防水透湿シート・胴縁など)・外壁張り工事・雨樋工事。 その他、現場状況によっては電気工事・配管工事・板金工事(屋根取り合い部)などが必要な場合もあります。

解体工事
解体工事は現場状況や外壁の種類等によって異なります。新しく張る外壁材の種類や現場状況を考慮して工事を進めて行きます。
解体工事
既存の外壁材・胴縁は全て解体して取り除いたケースです。断熱材は入っていなかったため、解体工事完了後にグラスウールを充填しました。
解体工事
既存の外壁材・胴縁は全て解体して取り除いたケースです。解体工事と同時進行で断熱材のグラスウールを充填しながら作業を進めた施工例です。
断熱材
※グラスウールなどの断熱材は基本的に室内側から充填しますが、外壁張替工事の場合、室内側から入れることが出来ないので屋外側から入れた施工例です。
断熱材
断熱材が入っていなかったため新たにグラスウールの断熱材を充填したケースです。
断熱材
既存の断熱材が劣化していたため新しいグラスウールの断熱材を充填したケースです。
防水透湿シートと防水気密テープ張り
※外壁材にヒビが入ったりシーリング材が劣化しても室内に雨水が侵入するのを防ぐために施工します。
防水透湿シートと防水気密テープ張り
防水透湿シートと防水気密テープ張り
胴縁の取付
胴縁は外壁の裏側に通気層を確保して外壁と建物を長持ちさせる役割もあります!外壁材の種類や張り方に応じて胴縁を取り付けます。外壁材の種類によっては胴縁は基本的に使用せずに通気金具留め工法で施工する場合もあります。
胴縁の取付
サイディングが横張りなので胴縁は縦に取り付けたケースです。
胴縁の取付
サイディングが縦張りなので胴縁は横に取り付けたケースです。
 
外壁材の施工

小山市SM様邸外壁張替リフォーム工事施工例

土台水切
外壁材の下端と基礎のつなぎ目に土台水切を取り付けます。

11
ハット型ジョイナー
サイディングのジョイント部分にハット型ジョイナーを取り付けます。
12
外壁材張り
現場寸法に合わせて外壁材をカットして取り付けます。
13
14
15
16
17
18
 
外壁張替リフォーム施工例動画

工事の流れを動画でご覧頂けます。

金属系サイディングの外壁張替リフォーム工事施工例

【野木町NY様邸】