オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • 電気温水器はエコキュートより長持ちなの?

    ここ最近で新築される家のほとんどはエコキュートが多いと思います。
    初期投資であるイニシャルコストはかかりますがランニングコストは安く済むのが採用の決め手のひとつだと思います。

    石油給湯器・ガス給湯器・エコキュートは10年程度使用していると内部の部品が水質の影響・経年劣化等により部品交換・修理が必要となります。
    そして、2回か3回程度修理をしながら使い続け15年程度で買い替えというサイクルが一般的といえるかもしれません。


    給湯器は石油給湯器・ガス給湯器・エコキュートの他に電気温水器という選択肢もあります。
    電気温水器はエコキュートと似ていますがヒートポンプユニットがありません。
    ヒートポンプユニットはエアコンの室外機に見た目が似ている設備機器です。


    電気温水器はイメージとしては家庭用の電気ポットが大きくなったようなものです。
    非常に作りがシンプルです。
    そのため壊れにくいという最大のメリットがあります。
    欠点ではありませんがエコキュートと比べて劣る点といえばランニングコストがエコキュートほど秀逸ではありません。

    例えるなら・・・
    月々の燃費
    エコキュート・・・¥2,000
    電気温水器・・・¥3,500
    石油給湯器・・・¥5,000
    ガス給湯器(LPG)・・・¥7,000
    ※金額はあくまでも目安ですのでご了承ください。

    また、圧力がエコキュートに比べると弱いです。そのため、2Fのお風呂でシャワーを使う場合などは1F設置に比べると弱く感じるかもしれません。
    1F浴室に隣接して電気温水器を取り付ける場合はほとんど体感で感じるレベルではないかと思います。



    非常に秀逸な給湯器である電気温水器ですが最近はあまり一般的ではなくなってしまいました。
    業者である私たちも一般ユーザーであるお客様におすすめすることはあまりありません。
    しかし、最近はエコキュートの修理実例というのも徐々に出てきました。エコキュートも完璧ではないのです。
    電気温水器の良さが見直される時が来たのかもしれません。
    新規・買い替え共に選択肢の一つにするのも良いかもしれません。









    電気温水器の配管修理例です。電気温水器本体はほとんど壊れませんが本体まわりの配管は20年程度使用していると劣化するので修理が必要となります。

    2019.05.13
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォーム・外構・エクステリアを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,400件以上の設計・施工実績。
    趣味は釣り・登山です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る