オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • エコキュートの配管修理例

    約20年ぐらい前から普及してきた「エコキュート」
    当時は電気温水器よりも省エネなタイプで壊れにくいのではないか?とかなり期待されていた給湯器でした。
    なぜなら電気温水器は20年以上持つ給湯器だったからです。
    しかし、ここ最近になってエコキュートの不具合が出る箇所が少しずつ分かってきました。
    ひとつはヒートポンプの不具合。
    もうひとつはヒートポンプと貯湯タンクの間の配管材の劣化です。
    ちなみに貯湯タンク自体は電気温水器とかなり似ているので長持ちするようです。

    どんな配管にも言えるのですが配管材自体はかなり長持ちするのです。
    長持ちしないのは継手の部分です。
    具体的にはソケット・エルボ・異形ソケット・給湯器との接続部分の継手などです。


    こちらの写真はエコキュートのヒートポンプの配管接続部分の写真です。
    配管材自体は大丈夫なのですが継手部分が劣化して水漏れしている写真です。
    このようなケースの場合、水漏れ1か所のみを取り替えることも可能なのですが多くの場合は他の継手も劣化しているので水漏れするのは時間の問題の場合が多々あります。
    IMG_8420



    2021.01.29
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る