オリーブホームは栃木県小山市で浴室(お風呂) キッチン 洗面所 トイレ 給湯器 外壁塗装 屋根 自然素材
外構 エクステリアの工事を手がける住宅リフォーム会社です!
  • 階段手すりの取付方法について 築30年以上前の住宅の実例

    今回はリフォーム現場で施工した階段手すり取付の実例動画をUPいたします。
    築30年以上前の住宅では手すりが無い住宅も意外とあります。
    最近多いのが階段手すりが無くても平気だったけど最近は上り下りが大変になってきたから手すりを付けたいというご依頼です。
    手すりは荷重がかなりかかる場合があるのでしっかりと手すり金具を柱などに留める必要があります。
    しかし、新築時に手すりを取り付け出来るように柱を配置したり壁補強をしないとしっかりとした施工は出来ません。
    特に階段の場合は1箇所ぐらい曲がるところがあると思います。曲がる部分(入隅)に金具をしっかりと留める必要があるのですがリフォームだと難しい状況が多々あります。
    そのため、手すりの丸棒と金具だけでは取り付けられないケースがほとんどです。
    それを改善する方法として手すりを取り付ける前に補強板を取り付けるという方法があります。
    介護保険の住宅改修では定番の施工方法でもあります。
    弊社で施工した動画がありますので参考になれば幸いです。









    TOTOフリースタイル手すり・後付け補強板

    2019.06.17
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る