オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • 給湯器まわりの凍結に注意

    ここ2週間ぐらいで給湯器まわりの凍結による水もれ修理依頼が数件ありました。
    共通しているのは給湯器まわりの配管材です。


    IMG_8553


    給湯器まわりは配管材が屋外に露出しています。
    保温材などが巻いてあっても劣化しやすい箇所です。
    給湯器と給湯器に接続されている配管材の一部は新しいものに交換するのが普通ですが建物に入る部分や土や土間コンと接している部分は古い配管のままということがほとんどです。
    そのため、20年以上経過している配管材や井戸水を使用している配管材はかなり劣化している可能性が高いといえます。
    よって、「配管材の劣化」と「寒波による凍結」が重なることによって水漏れになっていると思われます。

    実際に水漏れしていないのに配管材を取り替える方はいませんが・・・
    ある程度の心の準備はしておいた方が良いかもしれません・・・。

    2021.01.25
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る