オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • アコーディオン門扉の取り替え例 キャスターからセンターレールタイプへの変更

    使いやすくて便利なアコーディオン門扉(伸縮門扉)も20年以上使っているとかなり劣化してきます。
    特に樹脂の部分は経年劣化で破損しやすい状態になります。
    また、以前は「ノンレールタイプ」と呼ばれているタイプが主流でした。
    「ノンレールタイプ」は名前の通り、レールが無いアコーディオン門扉です。
    レールが無いのですっきりとして段差もないので良い面もあるのですが、アコーディオン門扉自体が道路側に膨らんでしまって危険な状態になることがあります。
    そのため、最近は安全意識への高まりも含めて「センターレールタイプ」が主流になっています。
    レールがあるのでスムーズな開閉が出来ます。
    デメリットとしてレールがあるので段差が生じてしまいますがアコーディオン自体が道路側に膨らんでしまうのは防ぐことが出来ます。
    弊社で施工した例がありますので参考までにご覧頂ければ幸いです。
    ※動作確認の動画も含まれております。











    2020.07.10
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る