オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • 節水型トイレは災害時にも有効です!

    最近のトイレ(便器・タンク)は少ない水の量で流すことが出来る仕組みになっています。
    4L程度で大を流すことが可能です。
    20年以上前の機種は流すのに12Lぐらいの水が必要なので水道代・下水代などにもひびいてきます。
    また、災害時で断水になった場合、タンクの上の部分から水を入れてトイレを流すことが可能ですが少ない水の量なら労力等も少なくてすみます。

    トイレの断水時にロータンクに水を入れて流して使用する方法










    20年以上前の機種から最新の機種のトイレに取り替えると1年間で1万円〜2万円程度の節約になります。
    家族数が多ければそれ以上の節約になります。
    仮に工事費が20万円弱かかっても最新の機種に取り替えると10年ぐらいで元がとれますし快適な暮らしが出来ると思います。
    トイレのリフォームをしたいな〜。って前々から考えている方はそろそろいかがでしょうか?

    2020.03.03
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る