オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • 玄関ホールのリフォーム框の取付施工例(施工中) 小山市NK様邸

    今回は小山市NK様邸の玄関ホールのリフォームについてのブログ記事です。


    栃木県小山市で住宅リフォーム・増築・改築・外構工事・エクステリア工事の設計施工を手がけるオリーブホーム株式会社の小野寺秀行です。
    いつもブログをご覧頂きありがとうございます!
    小山市内での住宅リフォーム施工例を中心に住まいについての情報発信をしているスタッフブログです。
    これからリフォームをお考えの方に少しでも有益な情報としてお伝えすることが出来れば幸いです。 


    小山市NK様邸にて玄関ホールのリフォーム工事を施工中です。
    NK様、工事依頼ありがとうございます!
    現在は玄関ホールのフローリング張りとリフォーム用の上り框(あがりがまち)の工事を行っているところです。
    上り框(あがりがまち)の交換は出来ないということはないのですが既存の上り框を取り外すためには玄関タイルや壁・床下地など多くの工事が関わってきます。もちろん工事期間もかなり長くなります。そのためL型の形のリフォーム框を使用することによって工事期間の短縮やコストカットなどのメリットがあります。また、廊下と居室の段差がある場合などは床の高さをカサ増ししてバリアフリーにすることも出来ます。このようなバリアフリー工事のときにもリフォーム框は非常に役に立ちます。文章では非常に分かりづらいかと思いますので参考までに工事写真をご覧頂ければ幸いです。



    今回、使用するのはイクタ製のリフォーム框です。
    長さ・寸法は特注製作可能です。
    今回は長さを特注で製作して頂きました。
    1間半・・・1本
    2間・・・1本
    イクタ製のリフォーム框

    イクタ製のリフォーム框



    リフォーム框の断面を見るとL型になっています。
    しかもイクタ製のリフォーム框はフローリングの実(さね)を差し込むことも出来る作りになっています。※しゃくり有りです。
    リフォーム框の断面を見るとL型になっています



    このように既存の上り框の上に被せるようにして取り付けます。
    サイズは特寸にも対応しているのでさまざまな現場に対応することが出来ます。
    既存の上り框の上に被せるようにして取り付けます



    現在はフローリング張りを施工中です!
    現在はフローリング張りを施工中です






    2017.08.01
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る