オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • TERAL(テラル多久)井戸ポンプの点検 リセットボタンで復旧した実例

    今回はTERAL(テラル多久)の井戸ポンプの点検実例のブログ記事です。


    栃木県小山市で住宅リフォーム・増築・改築・外構工事・エクステリア工事の設計施工を手がけるオリーブホーム株式会社の小野寺秀行です。
    いつもブログをご覧頂きありがとうございます!
    小山市内での住宅リフォーム施工例を中心に住まいについての情報発信をしているスタッフブログです。これから住宅リフォームをお考えの方にとって少しでも有益な情報をお伝えすることが出来れば幸いです。


    今回の井戸ポンプの点検依頼は古河市のSK様からのご依頼でした。
    この度はご相談ありがとうございました!
    SK様邸の井戸水が数日前から出なくなってしまったとのことです。
    幸い、SK様邸は井戸水を使用しているのは外水道だけで建物内の水は水道水を使用しているので生活に支障はない状態なので良かったです。



    井戸ポンプを拝見させて頂くとTERAL(テラル多久)製の井戸ポンプでした。
    ※テラル多久「浅深用ジェットポンプ」KEGONシリーズKP-255T 2006年8月1日から生産開始のモデル
    テラル多久「浅深用ジェットポンプ」KEGONシリーズKP-255T

    テラル多久「浅深用ジェットポンプ」KEGONシリーズKP-255T



    まずは水が吸い上がっているかを確認します。
    確認したところ吸い上げは問題ないようです。
    ※点検の様子はYouTube動画でご覧頂けます。
    まずは水が吸い上がっているかを確認します



    リセットボタンを押してみます。
    リセットボタンを押してみます

    リセットボタン



    井戸ポンプが正常に動きました。
    井戸ポンプが正常に動きました



    点検後にお客様とお話をしたところ数日前に落雷があり停電になったそうです。今回の井戸ポンプの不具合は落雷による停電が原因かと思われます。今回のようなケースの場合はリセットボタンを押すかコンセントを抜いて挿し直せば復旧する可能性が高いです。停電してないのに動かない場合は基盤や圧力スイッチなどに問題がある可能性が高いのでメーカー修理となります。また、井戸ポンプをあまり使用しないとポンプ自体に問題がなくても水が下がったり電源が落ちたりする場合もあります。










    2017.08.21
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る