オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • 外壁の漆喰塗り替えリフォーム 小山市NK様邸

    今回は外壁の漆喰塗り替えリフォーム施工例についてのブログ記事です。


    栃木県小山市で住宅リフォーム・増築・改築・外構工事・エクステリア工事の設計施工を手がけるオリーブホーム株式会社の小野寺秀行です。
    いつもブログをご覧頂きありがとうございます!
    小山市内での住宅リフォーム施工例を中心に住まいについての情報発信をしているスタッフブログです。
    これからリフォームをお考えの方に少しでも有益な情報としてお伝えすることが出来れば幸いです。 








    外壁の漆喰塗替リフォームの流れと施工例

    今回の小山市NK様邸の外壁の漆喰(しっくい)は経年劣化により剥がれてしまったため塗り替えをすることになりました。
    昭和40年代の住宅ということもあり漆喰の下地も劣化していたため下地材から張り替えるご提案をいたしました。
    漆喰の下地材はノダの「ラスカット」を使用しました。
    ノダの「ラスカット」は漆喰だけでなくさまざまな左官材に対応可能な面材です。
    ラスカットを張った後にモルタルで下塗りをしてから漆喰で上塗りして仕上げます。
    外壁の漆喰の塗り方はいくつか方法がありますが、今回は納まり等も考慮してこのような施工方法で行いました。
    ラスカットは面材ですので耐震補強という面でも有効な建築材料です。
    新築だけでなくリフォームで漆喰塗りを行う時にも最適な施工方法であると思います。



    リフォーム前の写真です。
    既存の漆喰壁の下地材はラスボード(石膏ボード)でした。
    既存のラスボード下地の上に漆喰は塗れないので、今回は下地材から施工することにいたしました。
    リフォーム前の写真



    ノダの「ラスカット」
    ノダの「ラスカット」



    モルタルで下塗りをします。
    モルタルで下塗りをします

    モルタルで下塗りをします



    漆喰塗り
    下塗りをしてから数日後に漆喰で仕上げます。
    漆喰塗り

    漆喰塗り



    小山市NK様邸外壁漆喰塗替リフォーム施工例







    2017.08.08
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る