オリーブホームは栃木県小山市でリノベーション・水まわりリフォーム・屋根外装リフォーム等を手がける一般戸建住宅専門の住宅リフォーム会社です!
  • お風呂のタイルに埋まっている蛇口が壊れた場合の工事施工例

    今から20年以上前はお風呂の浴槽の蛇口がタイルに埋まっているタイプが流行りました。
    デザイン的にも豪華に見えたのが人気の理由でもあったようです。
    しかし、壊れてしまうと非常に厄介なのです・・・。
    システムバスのように点検口があれば蛇口のみの交換が可能なのですが多くのタイル風呂の場合は点検口がありません。
    そのため蛇口を交換するためには蛇口まわりのタイルを壊す必要があるのです。
    そのため蛇口の取り付け方を「台付けタイプ」から「壁付けタイプ」に変更する方法があります。
    この方法なら蛇口が壊れた場合は蛇口のみの交換で済むので修理代が安く済みます。
    弊社で施工した動画がありますので参考までにご覧頂ければ幸いです。











    お風呂の浴槽蛇口を台付から壁付に変更したリフォーム施工例

    2020.05.08
    スタッフブログ担当/小野寺 秀行
    〈資格〉建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、給水装置工事主任技術者、栃木県震災建築物応急危険度判定士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員

    住宅リフォームを専門分野とする建築士。特に木造住宅の設計・リフォームに関しては小山市・小山市周辺で2,600件以上の設計・施工実績(住宅リフォーム実務経験年数22年)趣味は登山・クライミングです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る